青森県のお知らせ

6月26日(月) 講演会のお知らせ(青森市、東京都開催)|青森県【終了しました】

終了しました。
多数ご来場いただきましてありがとうございました。

6月26日(月)に、縄文と考古学アートに関する講演会がそれぞれ青森市と東京都で開催されます。
「縄文塾 in 青森市」では、縄文遺跡群の世界遺産登録に向けて、“市民と縄文”をテーマに、小山修三国立民族学博物館名誉教授による基調講演やトークセッションが行われます。
また、「考古とアート」(東京都開催)では、考古学復元イメージ画家など多方面でご活躍されている安芸早穂子氏ら専門家により、文化遺産と人とをつなぐアートを切り口にした講演・座談会が行われます。
「縄文ファン」連載コラムでのファンも多い小山修三氏と安芸早穂子氏による貴重な講演です。この機会にぜひ、お出かけください。

 

縄文塾in青森市チラシ

縄文塾in青森市 チラシ(1.88MB)

 

縄文塾 in 青森市
「市民と縄文~世界遺産登録に向けて~」

【日時】
平成29年6月26日(月) 14:00~

【会場】
日本原燃サイクル情報センター
(青森市本町1-2-15 ※青森市役所向かい)

【主催(お申し込み先)】
NPO法人三内丸山縄文発信の会
TEL:017-773-3477

 

考古とアート チラシ

考古とアート チラシ(272KB)

 

考古とアート
-文化遺産と人とのコミュニケーション-

【日時】
平成29年6月26日(月) 17:45~(17:30開場)

【会場】
東京藝術大学美術学部構内 大浦食堂
(東京都台東区上野公園12-8)

【主催】
東京藝術大学美術学部国際文化財修復プロジェクト室
TEL:050-5525-2129

 

お二人の執筆による「縄文ファン」連載コラムはこちらからご覧ください。