注目情報

平成30年1月28日(日)『北海道・北東北の縄文遺跡群』世界遺産登録推進フォーラムを開催します|有楽町朝日ホール ※終了しました

【※本フォーラムは終了しました】
多数ご来場いただきましてありがとうございました。
フォーラムの様子は「青森県の縄文遺跡群」ホームページをご覧ください。


 国内最大級の集落遺跡である青森県の三内丸山遺跡や巨大な環状列石である秋田県の大湯環状列石をはじめとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」のすごさや魅力を伝えるフォーラムを開催します。


開催案内チラシ
■日時
平成30年1月28日(日)
13時30分~17時30分(開場13時00分)

■場所
有楽町朝日ホール
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

 

■内容
<講演>
「世界遺産登録実現に必要なこと」
 縄文遺跡群世界遺産登録推進専門家委員会委員 西村 幸夫 東京大学大学院教授
<鼎談>
「世界遺産登録実現に向けて」
 縄文遺跡群世界遺産登録推進専門家委員会委員長 菊池 徹夫 早稲田大学名誉教授
 縄文遺跡群世界遺産登録推進専門家委員会委員  西村 幸夫 東京大学大学院教授
 縄文遺跡群世界遺産登録推進本部長       三村 申吾 青森県知事
<講演>
 「世界遺産に関する最近の動向」
  文化庁文化財部記念物課世界文化遺産室 鈴木 地平 文化財調査官
<報告>
 「亀ヶ岡石器時代遺跡の発掘調査速報」   つがる市教育委員会 羽石 智治
 「貝塚で語る北海道・北東北の縄文遺跡群」 伊達市教育委員会 青野 友哉
 「記念物で語る北海道・北東北の縄文遺跡群」北秋田市教育委員会 榎本 剛治
 「集落で語る北海道・北東北の縄文遺跡群」 北海道環境生活部 阿部 千春
 「北海道・北東北の縄文遺跡群の価値と特徴」縄文遺跡群世界遺産登録推進会議座長 岡田 康博
                           (青森県企画政策部世界文化遺産登録推進室長)
 

■入場料
 無料・定員600名(事前申込が必要です。)

■申込方法
 電話、往復ハガキ、FAX、電子メールのいずれかにより下記について明記の上、お申込ください。
 (申込締切:平成30年1月24日(水)午後5時必着)

 「電話」での申込:(1)氏名、(2)電話番号 ※土、日、祝日は電話受付をしておりません。
 「往復ハガキ」での申込:(1)氏名、(2)住所、(3)電話番号
 「FAX」での申込:(1)氏名(ふりがな)、(2)電話番号、(3)FAX番号(FAX返信先)
 「電子メール」での申込:(1)氏名(ふりがな)、(2)電話番号、(3)電子メールアドレス

■お問合わせ・お申込先
 縄文遺跡群世界遺産登録推進本部 
 事務局 青森県企画政策部 世界文化遺産登録推進室内
 〒030-8570 青森市長島1-1-1
 TEL 017-734-9183
 FAX 017-734-8128
 電子メール sekaiisan@pref.aomori.lg.jp
 ※お申込の際は、件名を「縄文フォーラム参加申込」としてください。