遺構 竪穴建物 体験・見学
大型掘立柱建物跡
三内丸山遺跡

大型掘立柱建物跡

掘立柱建物は柱穴を掘り、そこに柱を立て、床や屋根を支えています。ここからは直径・深さとも約2mの柱穴が3個ずつ2列並んで見つかりました。これらの間隔は約4.2mで、規則正しく並んでいました。柱穴の中からは直径約1mのクリの木柱が見つかりました。縄文時代中期後半(約4000年前)のものと考えられています。


写真の取扱について

OK

申請により使用可

使用基準使用基準あり。詳細についてはお問い合わせください。
申請書写真使用許可申請書(PDF:8KB)
申請先青森県教育庁文化財保護課 三内丸山遺跡保存活用推進室
住所〒038-0031 青森県青森市三内丸山305
TEL017-781-6078
FAX017-781-6103