北海道洞爺湖町

史跡

入江・高砂貝塚

[いりえ・たかさご かいづか]

1988(昭和63)年5月13日 史跡指定

時代区分-前期~晩期
遺跡全景

遺跡全景

北海道南西部、洞爺湖町入江と高砂町の噴火湾を望む標高10~20mの台地上に位置し、縄文時代前期末から晩期中葉(紀元前3,500年~紀元前800年頃)にかけて形成された貝塚を伴う集落遺跡です。

貝塚は長期間にわたる定住と環境変動への適応の実態を示すとともに、墓地として繰り返し利用されていたことから、貝塚自体が神聖視されていたことを示す物証といえます。貝塚、竪穴建物跡、土坑墓等から構成され、貝塚からは、貝類のほかに海獣類や魚類の骨もみられるなど、銛漁や釣漁などの漁労文化の発達したこの地域の特徴をよく表しています。竪穴建物跡は、入江貝塚を中心に縄文時代前期から後期にかけてのものが見つかっています。

入江貝塚では縄文時代前期末の人骨が4体、中期のものが4体、後期初頭のものが7体の計15体分が、高砂貝塚では、後期初頭の土坑墓が1基、晩期中葉のものが28基発見され、大規模な墓地の存在が明らかとなっており、長期にわたる環境の変化に適応した生活の実態を示す重要な遺跡です。また、猪牙製品やオオツタノハガイ製貝輪など、北海道では手に入らないものも発見されており、他地域との活発な交流があったことを示しています。

ライブラリ※クリックで拡大します

資料集

基本情報

より大きな地図で 入江・高砂貝塚 を表示

遺跡所在地

北海道虻田郡洞爺湖町入江

出土品等展示施設

入江・高砂貝塚館
住所
〒049-5605
北海道虻田郡洞爺湖町高砂町44
TEL
0142-76-5802
HP
洞爺湖町 史跡 入江・高砂貝塚
開館時間
9:00~17:00
休館日
毎週月曜日
祝日の翌日
入館料
【一般】大人150円、小中高生100円
【団体(15名以上)】大人100円、小中高生50円
アクセス
■洞爺駅(JR室蘭本線)より徒歩約15分
■道央自動車道虻田洞爺湖ICより車で10分

お問い合わせ

洞爺湖町教育委員会 社会教育課

住所
〒049-5692 北海道虻田郡洞爺湖町栄町58
TEL
0142-74-3010
FAX
0142-76-3216
ページの先頭へ