用語集

世界遺産関係

ユネスコ

教育、化学、文化の発展と進展を目的として1946年に設立された国際連合の専門機関。本部はフランスのパリに置かれている。

世界遺産条約

正式名称は「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する法律」。1972(昭和47)年にユネスコ総会で採択。1975(昭和50)年に条約発効。日本は1992(平成4)年に条約を締結した。

世界遺産条約の理念

文化遺産及び自然遺産を人類全体のための世界の遺産として損傷、破壊等の驚異から保護し、保存することが重要であるとの観点から、国内的な保護措置の促進及び充実を図るとともに、これに対する国際的な協力及び援助の態勢を確立すること。

世界遺産委員会

世界遺産条約によりユネスコに設置された、顕著な普遍的価値を有する文化遺産及び自然遺産の保護のための政府間委員会。条約締結国から選出された21ヵ国で構成されている。任期は6年(国によっては自主的に任期4年)。
事務局(ユネスコ世界遺産センター)はパリに置かれている。

ICOMOS(イコモス)

正式名称はInternational Council on Monuments and Sites(国際記念物遺跡会議)。世界の歴史的な記念物及び遺跡の保存を目的とした国際機関(NGO)で、ユネスコの記念物および遺跡の保護に関する諮問機関である。
世界遺産条約に基づき、文化遺産に関する推薦資産の現地調査や登録遺産のモニタリング等を行い、調査結果について世界遺産委員会に対し勧告を行う。

ICAHM(イカム)

正式名称はInternational Committee on Archaeological Heritage Management(考古学的遺産の管理運営に関する国際委員会)。イコモスの、より専門的な活動を目的とし設置された国際学術委員会の一つで、世界遺産のみならず、世界中の考古学的遺跡、景観及び関連資産を広く取り扱い、それらの効果的な管理運営に関する基準策定などを行う。

世界遺産暫定一覧表

世界遺産条約締約国が、世界遺産リストへ登録することがふさわしいと考える、自国の領域内に存在する資産の目録(リスト)のこと。
世界遺産リストへ登録推薦する資産は、このリストに記載されている資産より決定される。
日本で記載されている資産はこちら

世界遺産委員会の決議

世界遺産委員会は、諮問機関(ICOMOS(国際記念物遺跡会議)、IUCN(自然保護連合))の勧告を踏まえ、推薦された物件について審査を行い、次のいずれかの決議を行う。

  • 登録(記載)
    世界遺産リストへの登録を正式に認めるものである。
  • 情報照会
    顕著な普遍的価値の証明はなされているものの、保存計画などについて追加情報の提出が求められるもの。追加書類の提出により、翌年以降の世界遺産委員会で審議される。
  • 登録延期(記載延期)
    顕著な普遍的価値の証明などが不十分と見なされ、より徹底的な調査、軽微ではない構成資産の範囲変更、本質的な修正等が必要とされる。推薦書の再提出後は新たに現地調査を受けることとなる。
  • 不登録(不記載)
    世界遺産リストへの登録がふさわしくないとされ、不登録と決議された物件は原則として再度推薦することができない。

資産(プロパティ)

世界遺産登録地域。資産の顕著な普遍的価値及び完全性、真正性が十分に表現されることを保証しなければならない。

緩衝地帯(バッファゾーン)

資産の効果的な保護を目的として、資産を取り囲む地域に、法的又は習慣的手法により補完的な利用・開発規制を敷くことにより設けられる保護の網。

推薦資産

登録推薦する資産の総体。

構成資産

登録推薦する資産の総体を構成する要素。

保存管理計画

登録推薦資産の現在及び将来に渡る効果的な保護を担保するために、各資産について、資産の顕著な普遍的価値をどのように保全すべきかについて明示した管理計画のこと。

推薦資産全体に係る内容については、包括的保存管理計画において定め、個別の構成資産に関する詳細かつ具体的な保存管理・整備活用のための計画、行動計画については、個別の文化財の保存管理計画において定めることが適当とされる。

シリアル・ノミネーション

複数の資産を、同一の歴史や文化に属するまとまりとして関連づけ、全体で顕著な普遍的価値を有するものとして世界遺産に推薦すること。

縄文遺跡群関係

最終氷期[さいしゅうひょうき]

およそ7万年前にはじまり1万年前に終わる、最も新しい氷期のこと。寒冷化に伴う海水準の低下によって、北海道島とユーラシア大陸は陸続きになっていた。後氷期に移行する前のおよそ13,000年前には、急激な寒冷化が起こった。この最後の氷期を晩氷期と言う。

後氷期[こうひょうき]

約1万年前から現代までの時代を指す地質年代のことで、完新世と同義に用いられることが多い。

氷河期[ひょうがき]

気候が長期間にわたって寒冷化し、南北の極地の氷床や、氷河が拡大する時代のこと。過去に少なくとも4回の大きな氷河期があり、それらの間には温暖な間氷期があった。

完新世[かんしんせい]

地質区分の中で最も新しく、最終氷期が終わる約1万年前から現在を含む。地球全体の温暖化に伴って森林環境が増加し、現在の日本列島の環境が形成された。

縄文海進[じょうもんかいしん]

縄文時代に日本列島でみられた海水準の上昇のこと。縄文時代早期後半~前期にあたる最温暖期には、海水面が現在よりも2~3m高くなり、内陸まで海が入り込んでいた。

海進海退[かいしんかいたい]

気候変動に伴って、海水準が上昇すると海進、下降すると海退と呼ばれる。

放射性炭素年代測定[ほうしゃせいたんそねんだいそくてい]

放射性同位体である炭素14(14C)が、存在比率を一定に保ち、生物の死後一定の割合で減少する性質を持つことを基礎とした、年代測定方法のこと。

祭祀[さいし]

日本語での祭祀は一般的に神を祀ることを指すが、豊穣を祈る信仰の原初的形態を意味することもある。

アニミズム

動植物をはじめとして、様々なものに魂が内在するという考え方のこと。

アイヌ民族の送り

アイヌの人々が、獲物の霊を肉体から離して神の世界に送るために共同で行う儀礼。仔グマの解体や饗宴が行われる、クマ送り(イヨマンテ)が代表的である。

二至二分[にしにぶん]

夏至・冬至の二至および春分・秋分の二分を合わせた、太陽運行を基にした季節区分法のひとつ。

集落[しゅうらく]

人々が定住した場所。居住域や墓域、生産域、捨て場などで構成される。土木・建築、生業、墓制、交易など多様な情報を得ることができる。

貝塚[かいづか]

貝殻や食料の食べかすなどを継続的に捨て、厚く堆積した場所。人骨や埋葬された犬の骨、骨角器なども出土することがある。

環状列石[かんじょうれっせき]

石を直径40~50mほどの環状に並べた、葬制や祭祀に関わる施設である。

周堤墓[しゅうていぼ]

後期の北海道にみられる共同墓地。円形の竪穴を掘り、土を周囲に盛り上げたもの(周堤)で、最大では外径75m、高さ5.4mにもなる。

低湿地遺跡[ていしっちいせき]

地下水を多く含む層に形成された遺跡。種子、動植物遺体、木製品、骨角製品など、有機質遺物が分解されずに出土することが多い。

記念物[きねんぶつ]

環状列石や周堤墓、盛土など、多大な労力を費やし造られた巨大な遺構。

土坑墓[どこうぼ]

人の遺体を埋葬する楕円形や円形の穴。集落の一定の場所に墓域がつくられる。

竪穴建物[たてあなたてもの]

掘り下げた地面を床とし、柱で屋根を支えた建物。住居、工房などとして使われた。

貯蔵穴[ちょぞうけつ]

食料を貯蔵するための穴。断面が袋(フラスコ)状のものが代表的で、中から木の実などが出土することがある。

土器棺墓[どきかんぼ]

土器を棺とした墓で、乳幼児用のものと考えられる。縄文時代後期には青森県を中心に成人用の再葬土器棺墓もみられる。

掘立柱建物[ほったてばしらたてもの]

地面を掘り込んだ穴に柱を立てた高床や地面を床とした建物。竪穴建物は除く。

盛土遺構[もりどいこう]

土とともに大量の土器や石器などが廃棄された場所である。土偶なども多く出土することから、まつりと関係する場所と考えられる。

マウンド

土などを小山状に盛って、周囲の地面より高くした場所である。

骨角器[こっかくき]

動物の骨・角・歯牙を素材とする道具類。釣針・銛などの漁具、針・ヘラなどの道具、ヘアピン・腰飾りなどの装飾品がある。

供献品[きょうけんひん]

祈りを伴う儀礼において供えられるもの。

遮光器土偶[しゃこうきどぐう]

イヌイットの雪中の光除けゴーグル「遮光器」をかけたように見える、大きな目の表現の亀ヶ岡文化前半期の土偶。

精製土器[せいせいどき]

装飾的で精緻に作られた土器。深鉢・鉢・(台付)浅鉢・壺・注口土器など多様な器種に及び、丁寧な研磨で外面に光沢を帯びたものや、赤色顔料が残るものもある。一方、非装飾的で簡素に作られた土器を粗製土器と言い、日常使用する煮炊き用の深鉢のものが多い。

神子柴・長者久保石器群[みこしば・ちょうじゃくぼせっきぐん]

土器出現期に伴う石器群で、局部磨製石斧、大型の石槍、彫器などが特徴的である。

ページの先頭へ