青森県七戸町

史跡

二ツ森貝塚

[ふたつもり かいづか]

1998(平成10)年1月16日 史跡指定

時代区分-前期~中期

鹿角製飾櫛

鹿角製飾櫛

青森県東部、太平洋岸の小川原湖西岸の標高約30mの台地に立地し、縄文時代前期前葉から縄文時代中期末葉(紀元前3,500年~紀元前2,000年頃)の大規模な貝塚を伴う集落遺跡で、その広さは約30haにも及びます。

貝塚は、この時期としては東北地方有数の規模を誇り、当時の環境変動や生業に加え、長期間にわたる定住と集落構造の実態を示す重要な遺跡です。

貝塚は、台地の北斜面と南斜面の2か所に分布し、その貝層と上下層から出土する土器により、縄文時代前期には海水性の貝塚、縄文時代中期には汽水性の貝塚が形成され、地球規模で起こった海進海退の現象を如実に反映しています。貝塚からはヤマトシジミ、ハマグリなどの貝類をはじめ、スズキ、マダイ、フグなどの魚骨、ハクチョウ、カモなどの鳥骨、シカ、イノシシなどの獣骨のほか、骨角器なども出土しており、当時の環境下における食生活や狩猟・採集・漁労などの生業を知る上での貴重な情報源となっています。

また、竪穴建物跡や貯蔵穴が多数見つかっており、大規模な集落であったことがわかりました。埋葬されたイヌも見つかっており、縄文人とイヌとの関係が密接であることを示す貴重な発見となりました。

さらに、この地域では産出されないヒスイや黒曜石などの出土により、他地域と交流・交易があったことが示されており、縄文文化の発展を示す物証として、環境に適応した定住生活の顕著な見本となっています。

ライブラリ※クリックで拡大します

貝塚貝塚

二ツ森貝塚出土土器二ツ森貝塚出土土器

骨角器(釣り針等)骨角器(釣り針等)

復元竪穴建物復元竪穴建物

資料集

基本情報

より大きな地図で 二ツ森貝塚 を表示

遺跡所在地

青森県上北郡七戸町字貝塚家ノ前地内

出土品等展示施設

二ツ森貝塚史跡公園
住所
〒039-2751
青森県上北郡七戸町字貝塚家ノ前地内
TEL
0176-58-5530
(七戸町教育委員会世界遺産対策室)
FAX
0176-62-6256(七戸町教育委員会世界遺産対策室)
開館時間
日没まで
休館日
年中無休
※但し,冬期間は公園閉鎖
入館料
無料(見学自由)
※無料駐車場あり
アクセス
■七戸十和田駅(JR東北新幹線)より車で約20分
■上北町駅(青い森鉄道東北本線)より車で約10分
■上北自動車道上北ICより車で約15分
■七戸町役場本庁舎より車で約15分
七戸町ロードマップ(PDF:592KB)

お問い合わせ

七戸町教育委員会 世界遺産対策室

住所
〒039-2592 青森県上北郡七戸町字七戸31-2
TEL
0176-58-5530
FAX
0176-62-6256
こちらもチェック!

七戸中央公民館

2階ホールに、国史跡「二ツ森貝塚」の出土遺物の一部(土器・石器・骨角器・貝殻など)を常設展示しています。
◎入館無料 / (月~金)9~16時 (土・日)9時~16時 / ◎休館日(祝日・年末年始)

〒039-2827 青森県上北郡七戸町字森ノ上210
0176-68-2920
0176-68-2176

七戸町文化交流センター

歴史民俗資料館として多数の文化財資料を展示しています。国史跡「二ツ森貝塚」と国史跡「七戸城跡」の出土遺物をはじめ、縄文時代から近代にかけて七戸町内の貴重な資料を学習できます。見学は団体のみの受付となります。

〒039-2555 青森県上北郡七戸町字前田32
0176-58-5530
0176-62-6256

リンク

ページの先頭へ