本文まで移動

遺跡の保全・活用に向けた取組

包括的保存管理体制

 北海道・北東北の縄文遺跡群を守り、次の世代へ確実に伝えていくためには、行政、地域住民、来訪者のみなさまと連携・協働しながら取り組みを進めることが大切です。

縄文遺跡群世界遺産本部

 世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の保存管理及び周辺環境の保全並びに整備活用を推進するため、関係機関が連絡調整及び協議する場として、2019(令和元)年12月20日に「縄文遺跡群世界遺産保存活用協議会」が設置されました。2022(令和4)年4月には、「縄文遺跡群世界遺産本部」(以下、「本部」という。)と改称し、縄文遺跡群の包括的な保存・活用を推進しています。

 本部は、北海道、青森県、岩手県、秋田県並びに構成資産及び関連資産を所管する14の自治体(函館市、伊達市、千歳市、森町、洞爺湖町、青森市、弘前市、八戸市、つがる市、外ヶ浜町、七戸町、一戸町、鹿角市、北秋田市)によって構成されています。

ユネスコ / 世界遺産委員会
報告
文化庁
報告・協議 指導・助言・情報提供
縄文遺跡群世界遺産本部
【所掌】
  • 資産の保存・管理と整備・活用に関する事項
  • 資産と周辺環境との調和に関する事項
  • ユネスコへの定期報告等に関する事項
【構成員】
会長:青森県知事
副会長:北海道、岩手県及び秋田県知事、4道県教育委員長
委員:構成資産及び関連資産を構成する関係市町の長及び教育委員会教育長

縄文遺産群世界遺産協議会

【所掌】
協議会の所掌事項に係る連絡調整等
【構成員】
資産の保存管理及び周辺環境の保全に直接関係する各地方公共団体関係機関や関連団体の代表等
協働

 

地域住民、関連団体等
連携

 

縄文遺跡群世界遺産専門家委員会

会議等の開催状況

縄文遺跡群世界遺産保存活用連絡会議(~2022年3月)

令和元年度保存活用連絡会議2020(令和2)年2月17日開催
令和2年度保存活用連絡会議2021(令和3)年3月23日開催
令和3年度保存活用連絡会議2022(令和4)年2月16日開催

縄文遺跡群世界遺産協議会(2022年4月~)

準備中

保存・活用のための計画

本部では、北海道・北東北の縄文遺跡群を将来にわたって守るため、さまざまな計画を定めています。

  • 包括的保存管理計画

 包括的保存管理計画は、世界遺産をしっかりと守り、未来へ伝えていくための基本となる計画です。関係地方公共団体では、「北海道・北東北の縄文遺跡群包括的保存管理計画」に基づき、縄文遺跡群の保存・管理及び整備・活用を進めています。

【概要版】日本語版(PDF:33.0MB)

【本冊】
 英語版(PDF:57.7MB)
【分冊1】各構成資産の緩衝地帯設定基準
 英語版(PDF:7.48MB)
【分冊2】各構成資産の法規制図
 英語版(PDF:9.75MB)
【分冊3】各構成資産の視点場位置図
 英語版(PDF:23.5MB)
【分冊4】各構成資産における来訪者施設及び公開活用施設位置図
 英語版(PDF:51.5MB)

  • 行動計画

 行動計画は、縄文遺跡群の保全と両立した公開活用を実現するため、必要な施策の方向性や具体的な取組内容を示したものです。関係自治体では、「北海道・北東北の縄文遺跡群保存活用推進行動計画」を策定し、縄文遺跡群の保存・活用に取り組んでいます。

北海道・北東北の縄文遺跡群保存活用推進行動計画 (PDF:3.16MB)

遺産影響評価の実施

 遺産影響評価(Heritage Impact Assessment)とは、世界遺産に登録された資産の範囲、緩衝地帯及びその周において計画された開発事業等が世界遺産の価値に与える影響を事前に評価することです。

 2022(令和4)年3月、関係地方公共団体では、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)や文化庁による遺産影響評価の考え方を参考としながら、縄文遺跡群を持続的に保存・保全するための遺産影響評価の方針や手順等を示した「北海道・北東北の縄文遺跡群の保全に係る遺産影響評価指針」を策定しました。

 関係地方公共団体では、この指針に基づき、開発事業の計画段階に事業者と協議・調整等を行い、縄文遺跡群の価値に負の影響を及ぼさないよう、または影響を最小限にするための方法を導き出し、資産の保全と事業実施に向けた合意形成を図ることとしています。

北海道・北東北の縄文遺跡群の保全に係る遺産影響評価指針 (PDF:2.64MB)

【参考資料】

世界文化遺産の遺産影響評価にかかる参考指針(文化庁、2019年4月)

Guidance on Heritage Impact Assessments for Cultural World Heritage Properties(世界文化遺産の遺産影響評価についてのガイダンス)(ICOMOS、2011年1月) 

経過観察の実施

 北海道・北東北の縄文遺跡群の顕著な普遍的価値を持続的に保護・保全するため、資産及び緩衝地帯に影響を与える諸条件について適切な指標を設定し、定期的かつ体系的な経過観察(モニタリング)を実施しています。各年度の結果については、年次報告書としてまとめています。

北海道・北東北の縄文遺跡群経過観察年次報告書

2020年度】日本語版 (PDF:2.34MB)

arrow_upward TOP