青森県青森市

史跡

小牧野遺跡

[こまきの いせき]

1995(平成7)年3月17日 史跡指定

時代区分-後期
小牧野遺跡(真上から)

小牧野遺跡(真上から)

青森市南東部、八甲田山西麓に広がる荒川と入内川に挟まれた、青森平野を一望できる標高80〜160mの舌状台地上に立地する、縄文時代後期前葉(紀元前2,000年頃)の環状列石です。 環状列石は、中央帯が直径2.5m、内帯が直径29m、外帯が直径35mの三重の環を描くように配置され、さらにその周りを囲むように直径4m前後の環状配石や一部四重となる列石などが配置されており、全体では直径55mにものぼります。環状列石の内帯や外帯は、平らな石を縦横に繰り返し、あたかも石垣を築くように並べられています。この縦横交互の列石は全国的にも珍しく、“小牧野式”配列(配石)とも呼ばれています。 環状列石のほか、竪穴建物跡(住居跡)や貯蔵穴、捨て場跡、湧水遺構など、生活に必要な遺構や、土坑墓群、土器棺墓などの墓制に関する遺構も発見されています。 また、環状列石に隣接する墓域や捨て場跡を中心に、土器や石器など日常的に使用されている道具のほか、土偶やミニチュア土器、動物形土製品、三角形岩版、円形岩版など、祭祀的要素の強い遺物が出土しています。特に三角形岩版は、400点以上も出土しており、環状列石などで何らかの儀式が行われたものと考えられます。 環状列石は、縄文時代の土木技術上、極めて先端的かつ完成度の高い遺構であり、日本列島にかつて独自の文化が存在したことを示すとともに、縄文時代の宗教的な思想のもと、人々の狩猟、漁労、採集による定住の在り方や自然との共生を示す顕著な物証の一つです。

ライブラリ※クリックで拡大します

環状列石(小牧野式配列)

環状列石(小牧野式配列)

環状列石(第1号特殊組石)

環状列石(第1号特殊組石)

 小牧野遺跡②(遠景)

小牧野遺跡②(遠景)

三角形岩版

三角形岩版

資料集

基本情報

より大きな地図で 小牧野遺跡 を表示

遺跡所在地

青森県青森市大字野沢字小牧野

出土品等展示施設

縄文の学び舎・小牧野館
住所
〒030-0152 青森県青森市大字野沢字沢部108番地3
TEL
017-757-8665
FAX
017-757-8670
HP
縄文の学び舎・小牧野館(小牧野遺跡公式HP)
開館時間
9:00~17:00
休館日
年末年始(12/30~1/1)
入館料
無料
アクセス
■JR奥羽本線青森駅より車で30分 ■東北新幹線新青森駅より車で30分 ■青森空港から車で15分 ■青森中央ICから車で20分 ■三内丸山遺跡から車で20分 ■青森市営バス古川3番バス停(青森駅から徒歩5分)から「大柳辺」行き「野沢」下車、徒歩20分

お問い合わせ

青森市教育委員会文化財課

住所
〒030-0801 青森県青森市新町1丁目3番7号
TEL
017-718-1392
FAX
017-718-1394
HP
いにしえ青森(青森市役所HP)
こちらもチェック!

小牧野の森・どんぐりの家

小牧野遺跡に隣接し、遺跡を解説する機能や休憩ホール、トイレを備えた施設です(駐車場あり・大型バス可)。 ◎開館時間 / 9:00~17:00 (10/1~11/15は9:00~16:00、11/16~4/30は冬季閉鎖)

〒030-0152 青森県青森市大字野沢字小牧野41番地
017-757-8665
017-757-8670

リンク

ページの先頭へ