北海道函館市

史跡

大船遺跡

[おおふね いせき]

2001(平成13)年8月13日 史跡指定

時代区分-中期
「縄文のにわ」全景

「縄文のにわ」全景

太平洋に面した海岸段丘上に立地し、縄文時代前期後半から中期後半(紀元前3,200年~紀元前2,000年頃)の大規模な集落遺跡です。100棟を超える竪穴建物跡からなる住居域と大規模な盛土遺構があり、その南西には墓や貯蔵穴を含む100基以上の土坑墓群が確認されています。

約千年間にわたり継続した集落は、大船川に沿った台地上に帯状に構成されており、北東北における集落構造と共通しています。また、発見された竪穴建物跡は、床を深く掘り込んだ大型のものが多く、クジラやオットセイの骨やクリなどが出土しています。多数の竪穴建物跡からは、縄文時代中期初頭から末葉(紀元前3,000年から紀元前2,000年頃)にかけての連続した変遷を辿ることができます。

盛土遺構からは多量の遺物が出土しており、いわゆる「捨て場」として機能するとともに、古来より日本人が有したアニミズム的な観念やアイヌ民族の「送り」にも通じる概念が存在していたことが伺えます。捨て場であり祭祀の場と考えられる盛土遺構の在り方は、円筒土器文化に共通する性格を有する典型的な事例となっており、当時の精神文化を考える上でも貴重なものです。

ライブラリ※クリックで拡大します

大船遺跡大型建物

大船遺跡大型建物

大船遺跡盛土遺構

大船遺跡盛土遺構

大船遺跡出土の石皿

大船遺跡出土の石皿

大船遺跡出土のクジラ椎骨

大船遺跡出土のクジラ椎骨

資料集

基本情報

より大きな地図で 大船遺跡 を表示

遺跡所在地

北海道函館市大船町

出土品等展示施設

函館市大船遺跡埋蔵文化財展示館
住所
〒041-1622
北海道函館市大船町575番地1
TEL
0138-25-2030
(函館市縄文文化交流センター)
FAX
0138-25-2033
(函館市縄文文化交流センター)
HP
函館市大船遺跡埋蔵文化財展示館
開館時間
9:00~17:00
休館日
11月中旬~4月下旬(冬期間)
※開館期間中は無休
入館料
無料
アクセス
■函館駅(JR函館本線)より車で約70分
(函館バス「鹿部・古部・椴法華行き」で約90分,徒歩約10分)
■函館空港から車で約50分
■道央自動車道森ICから車で約40分
案内図(PDF:359KB)

お問い合わせ

函館市教育委員会生涯学習部文化財課 函館市縄文文化交流センター

住所
〒041-1603 北海道函館市臼尻町551番1
TEL
0138-25-2030
FAX
0138-25-2033
こちらもチェック!

函館市縄文文化交流センター

縄文文化をテーマとした、南茅部地域を中心に函館市内の縄文遺跡から出土した遺物を展示する博物館です。ここでは北海道で唯一の国宝「土偶」を常設展示しています。道の駅「縄文ロマンみなみかやべ」を併設。

〒041-1613 北海道函館市臼尻町551番1
0138-25-2030
0138-25-2033

市立函館博物館

前身は北海道最古の博物館である1879(明治12)年に開設された函館仮博物場で、人文系自然史系の貴重な資料を多数収蔵する総合博物館です。特に縄文時代の考古資料には、北海道指定や函館市指定文化財が多くあります。

〒040-0044 北海道函館市青柳町17番1
0138-23-5480
0138-23-0831

リンク

ページの先頭へ