秋田県鹿角市

特別史跡

大湯環状列石

[おおゆ かんじょうれっせき]

1956(昭和31)年7月19日 史跡指定

時代区分-後期
遺跡全景

遺跡全景

秋田県北東部、鹿角市の米代川上流に位置し、その支流である大湯川左岸、標高180m程の台地上に構築された、縄文時代後期前葉から中葉(紀元前2,000年~紀元前1,500年頃)の環状列石を中心とした遺跡です。

環状列石の形態は、定住とともに発達した集落形態である環状集落を背景としたものと考えられます。遺跡の中心として万座(まんざ)と野中堂(のなかどう)の二つの環状列石があり、それぞれの環状列石を取り囲むように、掘立柱建物跡、土坑・貯蔵穴、遺物廃棄域が同心円状に配置されています。これらの遺構とともに、日常使用する土器や石器、土偶や土版、鐸形土製品、石棒、石刀等といった土製品や石製品が出土しています。

記念物としての性格を顕著に表すものとして、土偶・動物形土製品、石棒等といった道具(マツリと祈りの道具)が環状列石周辺から多く出土しており、定住化に伴って発展した当時の社会構造や精神面の成熟を示す物証となっています。

二つの環状列石の各々の中心と日時計状組石は一直線に並び、夏至の日没方向を指しており、四季を区分する「二至二分」や太陽の運行を意識していたことをうかがい知ることができます。構築場所を選定し、天体(太陽の運行)を意識し、豊かな労働力と精神性によって構築された縄文時代の代表的な環状列石であり、当時の精神文化を知る上で重要なものです。

ライブラリ※クリックで拡大します

資料集

基本情報

より大きな地図で 大湯環状列石 を表示

遺跡所在地

秋田県鹿角市十和田大湯字万座

出土品等展示施設

大湯ストーンサークル館
住所
〒018-5421
秋田県鹿角市十和田大湯字万座45番地
TEL
0186-37-3822
FAX
0186-37-4303
HP
大湯環状列石ホームページ
開館時間
4/1~10/31…9:00~18:00
11/1~3/31…9:00~16:30
休館日
12/29~1/3(年末年始)
11月~3月
月曜日(月曜日が祝祭日の時は翌日)
入館料
大人300円・小人100円(20人以上団体割引あり)
アクセス
■JR花輪線「鹿角花輪駅」よりバス「大湯温泉」行で20分、「遺跡前」下車
■東北縦貫道十和田ICより、十和田湖方面に車で15分

お問い合わせ

鹿角市教育委員会

住所
〒018-5292 秋田県鹿角市花輪字荒田4番地1
TEL
0186-30-0294
FAX
0186-30-1140
ページの先頭へ