北海道森町
関連資産

史跡

鷲ノ木遺跡

[わしのき いせき]

2006(平成18)年1月26日 史跡指定

時代区分-後期
鷲ノ木遺跡(2011年高速道路開通前)

鷲ノ木遺跡(2011年高速道路開通前)

噴火湾より約1km内陸の標高70mの河岸段丘上に造られた、縄文時代後期前葉(紀元前2,000年頃)の環状列石と、竪穴墓域(集団墓地)を主体とする遺跡です。

道内最大規模である環状列石は、外周36.9m×33.8mのほぼ円形で、外側を二重にめぐる環状の配石と、中心にある楕円形の配石で構成されています。平均30~40㎝の偏平・棒状の石が多く用いられ、その数は602個にのぼります。二重の環状の配石のうち、外側は石の長軸方向を連ねて配置し、内側は石の長軸方向を中心に向け配置するなどの規則性が見られます。石は多くが地面に埋め込まれており、地面に対し直立か傾いています。石の供給地は、最も近い地点で約1km離れた桂川河口付近とみられています。

竪穴墓域は環状列石から南5mの場所にあり、大きさ11.6×9.2mの竪穴の中に、土坑墓7基・ピット4基が構築されています。土坑墓は直径1~2.3m、深さ30~90㎝で、堆積した土や副葬品から墓と考えられており、また、ピットは供献品や墓標を設置する穴と考えられています。

環状列石と竪穴墓域は、江戸時代に噴火した駒ヶ岳の火山灰に厚く覆われていたため、保存状態は極めて良好で、当時の社会や縄文人の精神世界を知ることができます。

ライブラリ※クリックで拡大します

資料集

基本情報

より大きな地図で 鷲ノ木遺跡 を表示

遺跡所在地

北海道茅部郡森町字鷲ノ木町

出土品等展示施設

森町遺跡発掘調査事務所
住所
〒049-2313
北海道茅部郡森町字森川町292番地24
TEL
01374-3-2240
FAX
01374-3-2241
開館時間
9:00~17:00
休館日
土・日・祝日
年末年始(12/30~1/5)
入館料
無料
アクセス
■森駅(JR函館本線)より車で約5分 
■北海道縦貫自動車道森ICより車で約2分
案内図(PDF:69.7KB)

お問い合わせ

森町教育委員会社会教育課 文化財保護係

住所
〒049-2326 北海道茅部郡森町字御幸町132番地
TEL
01374-2-2186
FAX
01374-2-6446
HP
森町ホームページ
ページの先頭へ