北海道のお知らせ

7月13日(日)2014 北の縄文フォーラムを開催します。

 2014 北の縄文フォーラム「世界遺産の現状と世界遺産としての縄文の価値」を開催します。 

 縄文世界遺産推進室では、多くの方々に縄文文化の素晴らしさや魅力を知っていただくとともに、世界遺産登録に向けて気運を盛り上げていくため、今年もフォーラムを開催します。 
 今年は、ユネスコ全権大使として担当された富士山・石見銀山・平泉登録時の状況などを交えて、世界遺産の現状について、内閣官房参与 木曽功(きそいさお)氏から基調講演をいただくとともに、大船遺跡、垣ノ島遺跡、キウス周堤墓群の紹介や、世界遺産としての縄文の価値のほか、世界遺産登録に向けて地域が取り組むべきこと、またその戦術などについて、北海道開拓記念館の石森秀三(いしもりしゅうぞう)館長のコーディネートで、議論をリードする有識者の方々によるパネルディスカッションを開催します。 

2014 北の縄文フォーラム表面

2014 北の縄文フォーラム表面

チラシはこちらから

 ◆日時  平成26年7月13日(日) 13:00 ~ 16:00(開場12:30)
 場所  ホテルポールスター札幌(札幌市中央区北4条西6丁目) 2階 ポールスターホール

 基調講演 「世界遺産の現状」 講師 木曽 功 氏(内閣官房参与) 

 ◆パネルディスカッション 「世界遺産としての縄文の価値」
     コーディネーター  石森 秀三  氏(北海道開拓記念館館長)                                                                                   
           助言者 木曽     功    氏(内閣官房参与)                                                                                          パネリスト  西山 徳明 氏(北海道大学観光学高等研究センター長)                                          
                   阿部   千春 氏(函館市縄文文化交流センター館長)
                  高橋   理   氏(千歳市埋蔵文化財センター長)