青森県のお知らせ

12月から世界遺産登録に向けた考古学講座を開催します!/是川縄文館(青森県八戸市)

是川縄文館では、平成30年12月から考古学講座を開始します。
後期日程では、前期に引き続き「北海道・北東北の縄文遺跡群と世界遺産」をテーマに、縄文遺跡群を構成する遺跡や、世界遺産「「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群」の、登録までの取り組みなどについて紹介します。ぜひご参加ください


◆平成30年度是川縄文館考古学講座(後期)◆
会場:是川縄文館 1階 体験交流室
時間:14時~16時
聴講無料・要申込み(100名まで)
※定員に達し次第、受付を終了します。

①平成30年12月8日(土)
「岩木山を望むまつりの場 -大森勝山遺跡」
岩井 浩介 氏(弘前市教育委員会 文化財課 埋蔵文化財係長)
「貝塚からみる人々のくらし -二ツ森貝塚-」
髙部 由夏 氏(七戸町教育委員会 世界遺産対策室 主事)

②平成31年1月19日(土)
「土屋根住居のある風景 -御所野遺跡」
菅野 紀子 氏(一戸町教育委員会 世界遺産登録推進室 文化財主任)
「大湯環状列石87年間のあゆみ」
赤坂 朋美 氏(鹿角市教育委員会 大湯ストーンサークル館 主任)

③平成31年2月2日(土)
「「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群、世界遺産登録のあゆみ」
大高 広和 氏(福岡県文化振興課 世界遺産室 主任技師)

H30是川縄文館考古学講座(後期)チラシ(571KB, pdfファイル)

【お問い合わせ先】
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 TEL:0178-38-9511