注目情報

「北海道・北東北の縄文遺跡群」のユネスコへの推薦が正式に決定しました!!

jomon-japan

 

本日(令和元年12月20日)、2021年の世界遺産登録をめざし、ユネスコへ「北海道・北東北の縄文遺跡群」の推薦書を提出することについて閣議了解がなされ、縄文遺跡群のユネスコ推薦が正式に決定しました。

世界をめざすJOMON“の大きな一歩です!!

これまで御指導いただきました関係者の皆さま、縄文遺跡群を支えてくださる地域の皆さま、温かく応援してくださる全国の縄文ファン・考古学ファンの皆さまに心から感謝申し上げます。

 

2021年の世界文化遺産登録の実現に向けて、今後も関係自治体の連携のもと、万全の準備を整え、全力で取り組んで参ります。
引き続き皆さまの御支援・御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【参考】文化庁ホームページ
「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産推薦に係る推薦書のユネスコへの提出について

 

【今後のスケジュール】
2020(令和2)年2月1日まで 国からユネスコ世界遺産センターへ推薦書を提出
2020(令和2)年9月頃 国際記念物遺跡会議(ICOMOS)による現地調査
2021(令和3)年5月頃 国際記念物遺跡会議(ICOMOS)による評価結果の勧告
2021(令和3)年夏頃 第45回世界遺産委員会において審議

 


■令和2年1月25日(土曜日)に有楽町朝日ホール(東京都)において、縄文遺跡群の最新情報をお知らせする世界遺産登録推進フォーラムを開催します。
皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。
(詳しくはこちらのページをご覧ください。)