本文まで移動

5月から世界遺産登録に向けた考古学講座を開催します!/是川縄文館(八戸市)

青森県

さあ、世界遺産へ!

 是川縄文館では、令和3年5月から考古学講座を開始します。
 今回の日程では「北海道・北東北の縄文遺跡群と世界遺産」をテーマに、世界遺産の保護と活用や、構成資産、縄文文化の価値について紹介します。ぜひご参加ください!

2021年度是川縄文館考古学講座(前期)

会場:是川縄文館 1階 体験交流室
時間:14時~16時
聴講無料・要申込み(50名まで)
※定員に達し次第、受付を終了します。
 新型コロナウイルス感染症の流行状況により、開催中止や講演方法の変更(インターネット中継)をする場合がございます。
 ご来館の際はマスクの着用をお願いいたします。

【第1回】2021年5月15日(土曜日)

「世界遺産登録の先にあるもの —ICOMOSの立場から」 ※インターネット中継
 岡田 保良 氏(国士館大学 名誉教授 日本イコモス国内委員会 委員長)

【第2回】2021年6月19日(土曜日)

「縄文時代の巨大な凹凸(デコボコ)!千歳市キウス周堤墓群」
 直江 康雄 氏(千歳市埋蔵文化財センター 調査係長)
「鷲ノ木遺跡の環状列石と竪穴墓域」
 高橋 毅 氏(森町教育委員会社会教育課 文化財保護係長)

【第3回】2021年7月10日(土曜日)

「皆で考えよう縄文文化の価値 -是川遺跡を中心に-」
 岡村 道雄 氏(奈良文化財研究所 名誉研究員)

【お問い合せ先】
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 TEL:0178-38-9511

arrow_upward TOP