注目情報一覧

登録推進総決起大会及び合同要望を行いました

令和元年6月10日(月)参議院議員会館において、縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟と縄文遺跡群世界遺産登録推進本部と合同で、議員連盟をはじめ、各道県市町議会、関係企業・団体の約200名を超える皆様と縄文遺跡群の早期登録を実現すべく、ユネスコ …

平成31年1月27日『北海道・北東北の縄文遺跡群』世界遺産登録推進フォーラムを開催します(有楽町朝日ホール)※終了しました

国内最大級の集落遺跡である青森県の三内丸山遺跡や巨大な環状列石である秋田県の大湯環状列石をはじめとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」の最新情報や世界遺産をどのように活かしていくのかなどをテーマにした登録推進フォーラムを開催します。 開催案内 …

次期推薦候補への早期決定に向けた要望活動を行いました

平成30年12月11日(火)、国会議員連盟、4道県議会及び縄文遺跡群世界遺産登録推進本部との合同で、「北海道・北東北の縄文遺跡群」を次期ユネスコへの推薦候補に早急に決定していただくよう、菅 義偉内閣官房長官へ要望しました。 [参加者] 鈴木 …

2020年の世界遺産登録実現に向けた要望活動を実施しました

平成30年9月25日(火)、文部科学省において、縄文遺跡群世界遺産登録推進議員連盟と縄文遺跡群世界遺産登録推進本部との合同により、北海道・北東北の縄文遺跡群の2020年の世界遺産登録を実現していただくよう、丹羽秀樹文部科学副大臣へ要望活動を …

ユネスコへの推薦に向けた要望活動を実施しました

平成30年7月17日(火)、縄文遺跡群世界遺産登録推進本部では、今年度のユネスコへの推薦獲得に向けて、 本部長の三村 申吾青森県知事、高橋 はるみ北海道知事、高橋 嘉行岩手県教育委員会教育長及び 米田 進秋田県教育委員会教育長とともに、林  …